自動車を手放す時、また中古車の下取りの際もどちらも印鑑証明が必要になります。愛され葉酸 効果

それではこの印鑑証明について説明しましょう。カンジダ膣炎 ビフィーナ

印鑑証明とは、その印鑑が実印として効力を持つという事実を保証する目的を持つ書面です。糖ダウン 口コミ

印鑑証明がなければ、その印鑑が実印として効力を持つかどうかが証明できません。足の蒸れ防止

個人にとっては相当高額な取引になる愛車の売却ですので、実印が必要になりますがその際に印鑑証明というものが出てきます。ゴキブリ対策新築

印鑑証明という書類を実際に発行するには、まずは印鑑証明しておかなければなりません。

印鑑証明に登録する印鑑は通称、実印といい、世界で唯一の印鑑であることが条件です。

この実印を用意して最寄の市役所などの案内係に行けば、印鑑登録をすることができます。

印鑑登録の手続きが完了すると、印鑑登録カードというものを発行してもらえて印鑑登録手続きをした印鑑は実印になったということになります。

印鑑証明を交付してもらうためには、市役所などの担当部署へ出向き、印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を書いて印鑑登録カードを持って行くだけです。

そして、自動交付機で印鑑証明書を発行してもらう事が可能です。

印鑑証明そのものには有効期限はないのです。

ですのでいつの印鑑証明であろうがその効力は半永久的に持続するということです。

ただ中古車買い取り時には、必要になるのは現在より3ヶ月以内に発行されたものでなければなりません。

通常は有効期限の定めはないのですが愛車の買取の時は、相手側が有効期限を定めていますので、愛車の買取を予定している場合は、あらかじめ用意しておくとスムーズに進みます。

Copyright © 2002 www.bocceto-clima.com All Rights Reserved.