為替介入(外国為替市場介入)というものを耳にした事がありますか?日銀が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞記事、雑誌記事、TV、ヤフーの報道で確認した方もいるでしょう。77-20-77

元から為替介入(外国為替平衡操作)とは日本の場合、財務大臣が為替の相場の安定化を実現するように使う手はずということで見なされています。77-5-77

要は、極端な円高や円安が発生すると財務大臣の指示が出ると日銀が円の売り買いをして円相場の安定性を狙う、ものを言います。77-9-77

為替介入とは種類があります。77-6-77

1.単独介入・・・政府機関または中央銀行(日本銀行)が東京市場において自らが市場に入って為替介入をする。77-2-77

2.協調介入・・・複数の通貨当局が相談のうえ、各通貨当局の金を以て一緒ないし少しずつ為替の介入して行く。77-8-77

3.委託介入・・・他の国の通貨当局に向けて外国為替市場介入(為替介入)を託す。77-17-77

4.逆委託介入・・・日銀が異国の通貨当局に代わり為替介入を遂行する。77-7-77

これらのやり方があります。77-3-77

いずれのやり方の外国為替市場介入(為替介入)も一時的に、当面市場に多くのインパクトを与えることになります。77-1-77

外国為替市場介入(為替介入)の金額は当然ですが自分の国の権威をかけて行なうだけに桁違いです。

円を基本にして説明すると、日頃はほんの少し変化している円レートが唐突にかなり変化をするのです。

個人投資家の人ならば体験したことがあると推測できますが、これまで上手に含み資産(もしくは含み損)が増えているポジションを維持していたのに、持っている持ち高が決済となりましたという通達が外国為替の会社の発信でメールが。

いくら利益が出たのかな(損益が出たのかな)?と考えつつ決済された情報を見たら自ら期待していた内容とは真逆の事態となってしまい驚いたとのケースがよくありました。

為替介入が行なわれるとよくある話です。

こういったことから為替介入(外国為替市場介入)が実行されると為替市場の動きとまったく逆の動向をするのです。

変化する金額の大きさは相当大幅に変化しますので用心しましょう。

Copyright © 2002 www.bocceto-clima.com All Rights Reserved.
77-15-77 77-19-77 77-11-77 77-12-77 77-14-77